寝る前にときどきやっていること

人気ブログランキングに参加しています
人気ブログランキング
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 

もうすぐ7月です、梅雨真っ只中です。だんだん蒸し暑くなってきました。
夜の寝入りばなは暑くて寝つけず、明け方になるとやや肌寒さを感じて目が覚めることがあります。
最近ではすっと寝付けるように、液晶画面を眺めないこと、風呂や歯磨きは寝る直前ではなく、2,3時間前に済ませましょうといったことが、メディアでも取り上げられています。ストレッチをして体をリラックスさせることもとてもいいと思います。
それでもなかなか寝付けなくて困っているとき、眠りにつくためにやっていることはありますか?
私は「ゆる体操」というのをやっております。講習会に行って正式に学んだわけではなく、ただ本を読んでやってみているだけです。それもごく一部だけです。なので細かいことはわかりませんし、きちんと学んでいる方からしたら、何を言っているんだ!と怒られてしまうかと思います、申し訳ありません。
ゆらゆらを体を揺することで筋肉をリラックスさせる体操なのですが、やってみると結構気持ちよかったので、気に入っています。
布団に仰向けに寝て膝を立てた格好になってから、
①腰や背中を布団に擦り付けながらくねくねと動く。
②脚を組むように左膝の上に右ふくらはぎをのせて、右足を上下にゆらゆらと振ることで右ふくらはぎを軽く圧迫する。
③その恰好のまま、今度は右ふくらはぎを手前に引いたり向こうに動かして、左膝ですりすりする。
左右ともやります。
時間は特に決めずにやっています。この程度の刺激なら長時間やってもどこか痛くなることはないと思います。ふくらはぎのマッサージ効果が期待できるので、むくみや冷えにもきっと良いでしょう。
問題はすりすりしていると音がするので、同室にほかの人が寝ていると迷惑をかけてしまうかもしれません。できれば一人の時に試してみる方が良いと思います。
もちろん寝る前限定ではなく、好きな時にやってみていただきたいと思います。

ブログランキングに参加しています。 クリックをお願いします!⇒
人気ブログランキング
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク