食あたり?

人気ブログランキングに参加しています
人気ブログランキング
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 

この季節、食べ物を少し置いておくだけで傷んでしまいます。本当に危ないです。ちょっとでも怪しいと感じたものは食べないようにしましょう。
さて、私はこの時期ではなく10月ごろに食中毒と思われる症状になったことがあります。お医者さんに行っていないので、診断はされていません。
5年ほど前。職場の先輩に「うまい居酒屋を教えてもらったから行こう」と誘われて、その居酒屋に行きました。ちなみに先輩も私もほとんど飲めません。たいして飲めなくてもおいしいものが食べられるのならいいや、と思っていってみました。
15人も入ればいっぱいの小さい店でしたが、常連客で結構埋まっていて、カウンターに座りました。メニューを見ると主に魚料理で、どれもおいしそうでした。適当に頼んだ後に、メニューをよく見ていくと「レバサシ」とありました。当時はすでに牛レバーの生食が禁止されていたのですが、大将に聞くと牛とのことです。・・・いいのかな?と思いつつも誘惑に勝てず注文しました。とてもおいしかったです。そのほかの料理もおいしかったのですが、レバサシの衝撃が大きく、何を食べたか良く覚えていません。ただ久々に良いものを食べたと非常に満足して帰りました。
翌日、朝から少し熱っぽかったのですが、職場には行けました。職場についてから急速に具合が悪くなりました。寒気がしてだるくなり、ひどい下痢がはじまりました。幸いなことに上からは出てこなかったです。その日は「なんだろう、どこかで風邪でももらったかなぁ」程度にしか思いませんでしたので、解熱剤だけ服用してなんとか乗り切りました。翌日にはだるさは残っていましたが、熱と下痢もおさまり、普通に仕事ができました。風邪にしては治るのが早すぎるなぁと考えたとき、「もしかして食あたり?」と考えるようになりました。
そこで一緒に行った先輩にメールを送ってみたところ、その先輩も一日具合が悪かったそうです。いやー、怖いですね。もしO-157とかノロウイルスといった、もっと強烈なのにかかっていたら、大変なことになっていたかもしれません。
ある食肉の卸業者さんが、肉を生では食べないほうが良い、と言っていたのを思い出しました。肉ではなく内臓なら、なおさら生食は控えたほうがいいのでしょう。
少しでもあやしいと思ったものは食べない、生きるための基本ですね。いろいろと気を付けたいです。

ブログランキングに参加しています。 クリックをお願いします!⇒
人気ブログランキング
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク