2018年8月17日~18日 八ヶ岳② (唐沢鉱泉~黒百合ヒュッテ)

人気ブログランキングに参加しています
人気ブログランキング
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 

8月17日 金曜日(1日目)

登山口への移動

今回は車を使いました。

横浜市の自宅を朝3時に出発し、メンバーを回収して圏央厚木から圏央道にのりました。

早朝のため道路が混雑しているところはなく、すんなりと諏訪南まで着きました。(高速道路代4010円)

中央道を下りてすぐのファミリーマートに寄ってから、一般道で唐沢鉱泉へ向かいました。

唐沢鉱泉手前の数キロはダートです。

7:20頃 唐沢鉱泉駐車場着。

ここは駐車料金がかかりません。

トイレがあります。

お盆休みの期間ですが金曜日なので、駐車場はまだ空いていました。

帰りは土曜日だったので駐車場は満車、200m~300m先まで車が路上駐車していました。

少し上がったところに唐沢鉱泉の宿の駐車場がありますが、そちらは宿泊者専用でしょうから利用できません。

唐沢鉱泉から唐沢鉱泉分岐

8:00 唐沢鉱泉 発

唐沢鉱泉の河原にある池。

鉱泉なので冷たいのですが、湯の花(?)で白くなっています。

水の色も独特できれいです。

すぐにトリカブトの花が出迎えてくれました。

しばらくなだらかな樹林帯を歩きます。

登山道が小さな沢のようになっています。

苔生していてきれいです。

もののけ姫やナウシカの世界のようです。

この橋を渡るとまもなく唐沢鉱泉分岐です。

この辺りは目印が見づらく迷いやすいかもしれません。

よーく見ると先行者のザックの上にピンクのテープが巻いてあります。

そちら方向に進みます。

9:45 唐沢鉱泉分岐 着

ここまではかなりなだらかでしたが、ぬかるみや水たまりが多くてなかなかスムーズに進めませんでした。

スポンサーリンク



唐沢鉱泉分岐から黒百合ヒュッテ

10:00 唐沢鉱泉分岐 発

また樹林帯を進みます。

10:15 唐沢鉱泉分岐を過ぎて地図上で沢を横切るところ(標高2220m)

橋の上にカメラを置いてシャッター速度を1/4秒に設定して撮影しました。

沢に沿って進みます。左の沢はかなり増水しています。

迂回路を進みます(標高2250m付近)

右奥が迂回路、左が本線です。

黒百合ヒュッテのスタッフがごみを運んで下山して行きました。

迂回路が本線と合流します。

写真左下のグレーチングの橋方面から本線が上がってきます。

右奥へ進みます。

ここから先は沢沿いというか沢の中を歩くようになりました(標高2280m付近)

帰りに気が付いたのですが、この手前の右手に増水時用の迂回路がありました。

そちらを通っていればもっと楽に登れたのに・・・。

左手のロープの向こうから登山道に出てきました。

増水時用の迂回路に出たようです。

右は沢。

左は登山道のはずですが、沢のようになっています。

開けてきました、もうすぐ着きそうです。

スポンサーリンク




11:10 黒百合ヒュッテ 着

前夜の雨の影響で登山道が沢のようになっているところが多く、沢沿いに歩いていても目印のテープが見つからず、進むのに時間がかかりました。

見づらいのですが、気温14℃。

日陰でじっとしていると少々寒く感じます。

ヒュッテで幕営代(一人1000円)を支払います。

1000円の中に飲料水代、トイレの使用料も含まれます。

トイレは水洗でとてもきれいです。管理されているヒュッテのスタッフさんに感謝です。

テントを張りました。

テント場は多少の斜度はありますがほぼ平らで、ゴツゴツした岩もなくとても寝やすそうです。

良いところです。

ロガーの記録

ここまでのルートをトレースしました。

最初の45分ほど記録が取れていませんでした。残念!

前回投稿しました山行の概要はこちら↓

昨年は泊まりの夏山に行けなかったのですが、今年は行くことができました。 今回は南八ヶ岳の北側、唐沢鉱泉から天狗岳です。 ...

次回は黒百合ヒュッテから「中山展望台」と「にゅう」に向かいます。

本日も最後までお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。 クリックをお願いします!⇒
人気ブログランキング
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク