2018年8月17日~18日 八ヶ岳⑤(黒百合ヒュッテから唐沢鉱泉)

人気ブログランキングに参加しています
人気ブログランキング
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 

8月18日 土曜日(2日目)

ひたすら下ります。

黒百合ヒュッテから唐沢鉱泉分岐

テントを撤収します。

夜露に濡れていたフライシートがきれいに乾きました。

11:00 黒百合ヒュッテ 発

昨日と違って沢の水が非常に少ないです。水の音もほとんどしません。

登りの時は通らなかった木道。

下りは迷わず通れました。

11:30 登りの時は気が付かなかった増水時の迂回路分岐(標高2280m付近)

上り方向に振り返って撮影しています。

右に迂回路があるのですが、上っているときは正面の橋を見てまっすぐ進んでしまったようです。

少し下るとまた迂回路が出てきます。

登りは左の迂回路から来ました。帰りもそちらを通ります。

登りの時は沢の音がうるさいくらいだったのですが、この日はとても静かでした。

11:40 地図上で沢を横切るポイント(標高2220m付近)

上が18日(下り)の写真。

下が17日(登り)の写真。

同じ場所でもこれだけ水嵩が違います。

11:50 唐沢鉱泉分岐 着

ここで10分ほど休憩しました。

スポンサーリンク



唐沢鉱泉分岐から唐沢鉱泉

12:00 唐沢鉱泉分岐 発

ここからの下山中に、苔が付いた岩や湿った丸太の足場などで滑って、何度か転びました。

ケガはしませんでしたが、疲れもあり油断しました。

12:25 勾配が急になります。(標高2080m付近)

この辺りは写真のような朽ちかけた橋がいくつかあります。

12:30 地図にも載っている沢を渡ります。(標高2050m付近)

登りの時、登山道は水たまりだらけでした。(標高2000m付近)

13:00 登山道入り口の橋

駐車場まであと少しです。

13:10 唐沢鉱泉 着

無事に下山しました。

ここで風呂に入り、八ヶ岳大学校の農場で野菜を買い、自然屋で早目に夕食を済ませて帰りました。

自然屋を17時に出発して、長坂から中央道にのりました。

笹子トンネルは渋滞していませんでしたが、小仏トンネルから20km渋滞していました。

大月で下りて(高速代1410円)国道20号線を相模湖まで走ったあと、相模川沿いを下って帰りました。

送迎を含めて、トータルの走行距離が450kmくらいでした。

帰宅は22時頃だったと思います。

まとめ

登山道は全体を通して険しく危険なところはないように感じました。

すれ違った家族連れは5歳の幼稚園児を連れていたので、親と一緒でその気になれば子供でも行けるコースなのでしょう。

ただ、なだらかな樹林帯や岩稜地帯では道迷いに気を付けないといけません。踏み跡や目印をしっかりと確認しながら歩かないと、道を外れるかもしれません。

個人的には、「テント山行を試してみようかなぁ」と考えている方にお勧めしたいルートです。

八ヶ岳はアルプスほど広大ではありませんが、しっかりと高山気分が味わえることとアプローチがしやすいところが良いですね。

過去の関連記事はこちらです↓

昨年は泊まりの夏山に行けなかったのですが、今年は行くことができました。 今回は南八ヶ岳の北側、唐沢鉱泉から天狗岳です。 ...
8月17日 金曜日(1日目) 登山口への移動 今回は車を使いました。 横浜市の自宅を朝3時に出発し、メンバーを回収して圏央厚木から...
8月17日 金曜日(1日目) 黒百合ヒュッテからにゅう 「にゅう」という山は、刈り取った稲を円柱状や円錐状に積み上げる「にう」からついた...
8月18日 土曜日(2日目) 5:40頃 起床 ガスがかかっていて何も見えませんが、日が高くなってくると次第にガスが晴れてき...

あとは自然屋の食事と山行で出会った植物について書いていきたいと思っています。

本日も最後までお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。 クリックをお願いします!⇒
人気ブログランキング
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク