足首の底屈を制限してランニング

人気ブログランキングに参加しています
人気ブログランキング
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 

1月6日の記事での思いついた、「足首を固定したら楽に走れるか?」ですが、ようやく実験しました。

前回の続きです。 ②足首の作用について ヒールストライクなら、ランニングにおいても歩行周期における立脚期の足首の...

テーピングを巻いたのは左のみ、右はなにもしていません。

あまり強く固定するとさすがに走りづらそうだったので、軽めに底屈を制限しました。

かっちりとしたテーピングではありません。ちょっと狙いがあってこんな感じにしました。

巻き方が雑なのは・・・まぁ気にしないでください。

動作が不自然になるほどではありませんが、歩いているときは違和感がありました。テーピングを貼っていること自体が足首周りに違和感を与え、さらになんとなく左膝が伸びきらないような変な感じでした。

ただ走っているときは気になりませんでした。

今回は9kmくらい、1時間弱かけてゆっくりと感触を確かめてきました。

結果ですが、左脚の負担はかなり軽いように感じました。

実は大して期待していなかったのですが、足首の伸筋群(前脛骨筋など)の負担は軽くなり、張ってくる感覚はありませんでした。

また、とてもまっすぐにしっかりと左足に荷重できる感覚があり、足の運びがスムーズでした。新感覚でなかなか気持ちのいいものでした。

効果が実感できたのは収穫でした。

その反面、右への負担は増えました。

大腿四頭筋(特に大腿直筋)がとても張りました。いつもはこんなことにはならないのですが、今日はひどく張りました。ふくらはぎもいつもより張りました。

今後は右だけテーピングや両足テーピングで走ってみようと思います。

まずは右に巻いて、右足の感覚と左足の負担を感じてみたいです。

また実験結果を報告したいと思います。

ブログランキングに参加しています。 クリックをお願いします!⇒
人気ブログランキング
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク