迷走神経反射かな? と思ったできごと

先日、子供が全力疾走したまま公園のジャングルジムに突っ込み、右胸から右肩にかけて強打しました。

 

「こりゃ鎖骨か肋骨でも折れたんじゃないか?」

っていうくらい派手にぶつかって転倒しましたが、痛いと言いながらもすぐに起きあがりました。

ベンチで少し休ませてから患部を確認し、そのあと自分の足で歩いて家に帰りました。

 

 

ところが家に帰った途端に様子が急変。

息苦しさと気分の悪さを訴えはじめました。

 

 

最初は、

「肺がダメージを受けていたらマズいなあ」

と思いましたが、

迷走神経反射かな?」

と考え直して様子を見ていたら、無事に回復しました。

 

 

その時の様子を写真で紹介します。

 

帰宅してすぐにグッタリ。

右がぶつかった子、左は何でもない子。

顔と唇が真っ白になっております。(光の加減ではありません。)

呼吸も苦しそうでした。

 

とりあえず横にして足元を高くしました。

 

 

約20分後。

顔色はイマイチですが、唇の色がだいぶ戻りました。

呼吸も正常で、体を起こして普通に話ができました。

 

もう問題なさそうでした。

 

 

迷走神経反射は、扉に手を挟んだりしても起こりうるので、実は意外と身近に起こることです。

 

私が中学生の時に、似たような経験をしていたので、そんなに慌てませんでしたが、知らないとかなり慌てると思います。

 

30年以上前に痛い思いをしたことは、貴重な経験だったということですね。

幸か不幸か、こんな経験や知識が役に立つ日が来るとは思いませんでした。

 

 

本日も最後までお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です