金峰山② 2017年11月3日(金峰山山頂~大弛峠)

金峰山山頂から大弛峠へ、来た道を帰ります。

9:45 金峰山山頂発

案内が岩にスプレーで書かれていました。岩のトンネルをくぐって帰ります。

それほど寒さを感じませんでしたが、まだ霜柱は溶けていません。

鉄山と朝日岳の中間あたりです。

遠近法で撮影しました。実際の穴は直径50cm程度だったと思います。

朝日岳山頂直下の急登。帰りも良い天気です。

10:55 朝日岳着

景色を眺めながらちょっと休憩しました。

11:05 朝日岳発

朝日岳から10分ほど下ると開けたところに出ます。

山肌一面のカラマツの黄葉がとてもきれいです。

スポンサーリンク



もうすぐ大弛峠です。

12:30 大弛峠着

峠の反対側にある国師が岳と北奥千丈岳にも登る予定だったのですが、景色を眺めながらゆっくり歩いてしまったので、時間が無くなってしまいました。

そちらはまたそのうち行きたいと思います。

大弛小屋。

テント場も併設されていました。比較的平らで快適そうでした。水場もあります。時間が許せばテントを使って泊まれると、早朝発の行程でなくて済みそうです。

帰りは山梨市の「はやぶさの湯」に寄って汗を流しました。

源泉かけ流しで、お湯も雰囲気も良いところでした。

大弛峠から金峰山は、多少の起伏はありますが全体的にはなだらかで危険な場所はありません。しっかりと歩きたい人には物足りないコースです。

しかしお手軽に森林限界を超えて歩けるところなので、高山気分を味わいたい方はぜひ行ってみてください。気候が良ければとてもいいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。