シューズの履きかた

本気で競技をするのでもレクリエーションでもかまいませんが、スポーツをする際、シューズをどのように履いていますか?

スポーツの際のシューズは、靴ひもを結んだままスポッと履けるようにしている人はさすがに少ないと思います。
ちゃんと靴ひもを緩めて履いているから大丈夫、と思っている方がほとんどでしょうが、本当にそれでいいのでしょうか?

実際靴ひもを締めて履くと、甲の部分が締まってきつかったり、場合によっては痛かったりしますよね。
ではどうやって履きましょうか?というお話です。


スポンサーリンク




1.靴ひもを緩めます。できるだけ緩めてしまった方が、後の作業がやりやすいです。

2.足を入れて踵をしっかり合わせます。踵を床に打ち付けてしっかりと合わせましょう。

3.靴ひもを一番下から締めていくのですが、二つ目の穴からしっかりと締めていきます。

4.シューズのアッパーの横の部分を穴の方向にしごいて布地の遊びを取ります。

5.布地の遊びを取ったら靴ひもで締めていきますが、軽くテンションがかかる程度の締め具合で良いです。

6.上の穴まで繰り返します。一番上の穴の時は、踵から穴に向かって足首を包むようにしごいてください。

7.靴ひもを結んでおしまいです。

文章だとうまく伝わらないかもしれませんが、うまく履けると今までとは違うフィット感を体験できると思います。立ち上がって荷重した時に、靴ひもが少し引っ張られてシューズが足によりフィットするような感覚になれば、さらに良いです。変にきつとかゆるいとかありましたら、何度でもやり直してください。
そのほかにも細かいところはいろいろあるのですが、まずは履き方を見直して試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする