「認知症をよく理解するための9大法則・3原則」のインデックス

認知症の記事が思いのほか長くなったのでインデックスを作りました。
それぞれにこのブログ内のリンクを貼ってあります。

 

認知症の方の行動について

ほんの数か月でしたが、介護関係の仕事に携わりました。良くしていただいたにも関わらず、根性なしの私はすぐに辞めてしまったのですが、とても貴重な経験をいたしました…

第1の法則:記憶障害に関する法則

 

認知症の方の行動について②

続きです。   第2法則:症状の出現強度に関する法則   認知症の症状は、近しい人に対して強く出て、そうでない人に対して軽く出る傾向があります。身近な人に対…

第2の法則:症状の出現強度に関する法則
第3の法則:自己有利の法則
第4の法則:まだら症状の法則
第5の法則:感情残存の法則

 

認知症の方の行動について③

続きです。   第6法則:こだわりの法則 ひとつのことにいつまでもこだわり続けます。 財布がなくなったなどのできごと、同じものを買って帰ってくる、決まった時間に…

第6の法則:こだわりの法則
第7の法則:作用反作用の法則

 

認知症の方の行動について④

認知症の記事の続きです。   第8法則:認知症症状の了解可能性に関する法則 認知症の症状は本人の立場、生活歴、性格、日常生活などを考慮すると理解できます。 行…

第8の法則:認知症症状の了解可能性に関する法則
第9の法則:衰弱の進行に関する法則

 

認知症の方の行動について⑤

杉山先生は「認知症の人の言動の大部分は二次的な言動、つまり周囲の人の言動に対する反応(リアクション)である」、また認知症の方に接するものが、次にあげる「認知症…

認知症の人の激しい言動を理解するための3原則

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です