大迫傑選手の番組を観て

少し前の話になりますが、フルマラソンの日本新記録を更新した大迫選手の番組を観ました。

 

録画したものをもう一回観て投稿しようと思っていたのですが、録画のデータが飛んでしまいました・・・。

そんなわけでややうろ覚えのままの記事になります、申し訳ありません。

 

 

ランニングフォームについて

個人的には、日本人にフォアフットストライクやミッドフットストライクでフルマラソンを走るのは無理なんじゃないかなぁ、と思っていました。

アフリカのランナーとは体型も環境もまったく違うので。

 

しかし大迫選手はトレーニングによってフォアフットストライクを身に着け、フルマラソンを走り切りました。

 

すごいですね。とても驚きました。

 

日本人の骨格でもトレーニング次第で、フォアフットのままフルマラソンを走り切ることができることを知りました。

 

 

考え方を改めないといけません。

 

 

さてその番組内で、大迫選手は特にフォアフットを意識して練習したわけではないと話していました。

基礎練習や筋トレ(背筋などの筋力アップをしたと解説がありました)を丹念に行い、その結果フォアフットになったそうです。

 

スポンサーリンク



 

 

具体的にどのようなトレーニングを行ったのかはわかりません。

さらに言えば、本当にフォアフットを意識しないで走っていて身についたのか、すらわかりません。

 

しかし本当ならば、ランニングフォームを意識しなくても自然に変わっていくということですよね。

 

ランニングフォームだけでなく、立つ姿勢、歩く姿勢、投球フォームなど様々のものがトレーニング次第で自然に変化する、という可能性も考えられますね。

 

 

ランニングシューズについて

シューズの話も出ていました。

ナイキの「ズーム ヴェイパーフライ4% フライニット」です。

 

このシューズはゆっくり走るためのシューズではなく、ごく一部のエリートランナーがレースで使うために開発されたシューズと考えます。

誰でも履くことはできますが、使いこなすことはできないかもしれません。

 

 

試すのなら一般向けにズームフライってのがあるので、こちらからでしょうか。

 

基本的な構造は同じようなもの(のはず)なので、シューズの感覚は体験できると思います。

 

ラフィネランニングスタイルってところでレンタルしているです。

 

なかなか時間の工面ができず行けませんが、行けたらもちろんレポートいたします!

 

 

 

本日も最後までお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です