ランニングシューズを分解しました

かねてからやろうやろうと思っていたのですが、ようやく分解しました。

 

今回分解したのは、アシックスのGT-2150NY。お役御免となったシューズです。

 

 

前後方向にカット

中心部より少しだけ母趾側をカットしました(左足)。

母趾側から小趾側を見ます。

母指球の下に水色のパッドが入っています。

かかとにある薄くて白いプラスチックはヒールカウンターです。

かかとのゲルは想像以上に奥まで入っていることがわかります。

 

小趾側から母趾側をみます。

両側とも三番目のシューレースホールに向かって補強が入っています。

母指球のパッドはドーナツ型でした。

スポンサーリンク




かかとのゲルを切り出しました。

ふにゃっとしていて「クッション」って感じです。

ちなみに母指球のパッドは反発力もあるように感じました。

それぞれ触った感触が違います。

いろいろ考えて作られているのですね。

 

 

横にカット

母指球のパッドの部分を小趾側に向かって横にカットしました。

何かあるかなぁと思ったのですが、ここには何も入っていませんでした。

 

 

スポンサーリンク



 

なかなかシューズを分解して観察する機会はありません。

なかなか興味深いです。

 

それにしても切るのは手間がかかります。

これからも履いたシューズを分解しようと思うので、新しいハサミを買おうと思います。

 

 

本日も最後までお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です