緊急雇用安定助成金(雇用調整助成金)⑥ 疑問点について問い合わせました

新しいフォーマットについての疑問点を、本日(7月9日)電話でハローワークに聞いてみました。

元記事はこちら↓

またフォーマットが変わっています・・・ またかよ(´Д`)ハァ… 厚生労働省のリンクはこちら↓ ...

私の個人的な疑問点なので、参考になればいいなという程度です。

休業補償分を事業主が負担する必要がなくなると解釈していいのか

新しいフォーマットだと条件によっては助成率が100%になるが、事業主の負担がゼロになると解釈して良いのか。

返答

そう解釈して良いです。

ただ小規模事業主の場合、給与の支払いをしてからその分を申請することになるので、一時的には支出してもらうことになります。

休業補償の割合を60%から100%に変更するときの手続きはどうするか

新しいフォーマットだと、小規模事業主は休業協定書の提出は必要ないことになっている。

4月分を申請したとき(5月中旬に提出済み)には旧フォーマットだったので休業協定書を提出したが、改めて休業協定書の提出が必要か。

返答

割合を変更する場合は、休業協定書を再提出したほうがスムーズになると思います。

提出は必ずしも必要ではありませんが、後日問い合わせがあるかもしれません。

なお、作っておく必要はあります。

休業規模の要件とはどのようなものか

休業補償の申請の条件に「従業員2人につき1日以上の休業が必要」とあるが、よくわからないので教えていただきたい。

返答

所定労働時間の1/40以上の休業が必要になります。

例えば、1か月に20日の勤務日があったとして、週5日勤務の人が二人いた場合、所定労働日の延べ日数が40日になります。

1/40以上の休業となると、1か月のうちトータルで1日以上の休業が必要ということになります。

申請用紙のフォーマットに入力すると自動計算して判定してくれるので、それで確認してください。

5月中旬に申請したものがまだ振り込まれないのですが・・・

助成額が少額なものは審査が後回しにされてしまうことはあるか。

返答

受理した順に審査をしているので、後回しにされることはありません。

ただ件数が多いので遅くなっているだけだと思います。

受理されるにせよ書類の不備があるにせよ、何らかのレスポンスはありますので、申し訳ありませんがしばらくお待ちください。

とのことでした。

ハローワークのご担当の方、とても丁寧に対応してくださいました。

ありがとうございました。

本日も最後までお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする