皇居ラン後に経口補水液の味チェック

経口補水液づくり

前回は水500mlに食塩1.5g、砂糖15gの濃度で作りましたが甘すぎたので、砂糖を10gに減らしました。

前回の実験はこちら↓

経口補水液は、基本的には体にいいものですが、日ごろから水のように飲むものではありません。 塩分濃度が高いので、大量に摂取すると体内の水...

食塩 1.51g

砂糖 9.97g

トータルで 11.48g

これを水で500mlにしました。

前回のより飲みやすかったです。レモン汁をいれるとおいしいそうでした。

皇居ラン

皇居は1周約5km。

4周しました。

5km   21:11

10km 21:59

15km 24:19

20km 25:57

だいたいこれくらいのペースでした。

後半はバテバテだったことがわかります。

私の中では超ハイペースで入りました。

9月17日正午の気象庁のデータは、

気温 25.5℃

湿度 81%

天気 曇り

でした。

体感的にはもっと暑く感じましたが、湿度のせいだったのでしょう。

経口補水液摂取

まずは走る直前に常温で味見をしました。

口に含んですぐは甘みが強く、塩分を感じません。

後から塩分を感じます。

走る前の体重、44.6kg

走っているときに半蔵門近くの公園で、水道水をトータルで200mlから300mlほど(周回ごとに少量ずつ)と、塩分チャージタブレットを二つ摂取しました。

無補給で20kmは走るのは私にはちょっと無理です。

ロッカーに戻って体重を量り、すぐに経口補水液を飲みました。

走った後の体重、43.7kg

概ね体重の2%の水分が失われたと考えられます。

走る前に感じた塩分を感じなくなっていました。

「そうそう、こんな感じだよね」

とロッカーで勝手に納得していました。

それでも味はイマイチ、あまりおいしくは感じませんでした。

200mlくらい飲んだら飽きてきて、さらに飲もうとしたらうっすら気持ち悪さを感じました。

ケチケチせずに売り物でやるべきだったか・・・。

まとめ

目的の一つでだった経口補水液の味は、体の状態によって感じ方が変わることが体験できました。

経口補水液を飲み切った後も、こまめに水分を摂取しました。

特にのどが渇いた感覚はなかったのですが、尿量はかなり減っていました。

翌日も尿量が少ない傾向が続きました。

軽度でも脱水状態になると、体の状態が戻るのには少々時間がかかるのかもしれません。

良い状態を保てるように水分塩分の摂取はこまめに行いましょう。

余談ですが、今回の皇居ランでハーフマラソンの100分切りが見えてきました。

このままいけば、目標が一つクリアできそうです。

本日も最後までお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。