続・東京都家賃等支援支援給付金(個人事業主は所在地ではなく住所を記入する)

うーん読みにくい・・・。

先日、東京都家賃等支援給付金の申請を行ったところ、不備があったとの連絡がメールできました。

写真の下三行のことなので、そこだけ抜粋します。

・住所が確定申告第1表及び本人確認書類のいずれにも一致しません。確定申告第1表及び本人確認書類をご確認の上、住所の修正をお願いします。

・誓約書の住所が確定申告第1表及び本人確認書類のいずれにも一致しないため、本人確認書類と同一の住所を記入の上、誓約書を追加添付してください。

・都内賃貸借契約書が添付されておりません。申請受付要項をご確認のうえ、都内賃貸借契約書を添付してください。

よくわからなかったので、すぐに電話で問い合わせたら、意外とすぐにつながりました。

そしてあっさり解決。

個人事業主の場合は、

・申請のための住所は事業所の所在地ではなく、現住所を記入する。(所在地で申請書を書いていました)

・誓約書の所在地も現住所を記入する。(当然こちらも所在地を書いていました)

だそうです。

賃貸借契約書はについては添付したはずなのですが・・・添付されていなかったようです。

写真で添付すると確認画面で表示されるのですが、PDFだと表示されないのですよ。わかりづらいです。

再申請はオンラインで申請していると、マイページからできます。

申請書の住所を書き換え、誓約書を書き直して写真で添付し、賃貸借契約書(もう一回PDFで送ってみましたが、今回もダメだったら写真にします)を添付して再申請しました。

今度は不備がないと良いなと思います。

本日も最後までお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする