「平穏死」のすすめ

 

 

特別養護老人ホーム常勤医の石飛幸三先生の著書です。

 

リンクはこちら↓

https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000206175

 

 

ごく短期間でしたが、介護関係の職に携わっていたときに、講演を聞きました。

当時、かなり衝撃を受けた覚えがあります。

すぐにこの著書を読んだのですが、最近まで内容を忘れていました。

 

 

著書には、

「人はなくなる前に食欲がなくなり、次第に水分も摂らなくなり、体の中を空っぽにしてから旅立つ」

といったニュアンスのことが書かれていました。

 

 

 

身近に起こった出来事がまさにこんな様子だったので、改めて読みなおしました。

 

正解は存在しないことなのでしょうが、生き方(死に方?)を考えさせられる内容です。

 

せひ読んでみてください。

 

 

改めて講演をしてくださいました石飛先生と、講演に参加させてくださいました関係者の方に感謝いたします。

本当にありがとうございました。

 

 

 

本日も最後までお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました!

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です