あるランナーの話

勤務先で時々診ているランナーさんなのですが、今年に入ってハーフマラソンの自己ベストを更新したそうです。

ハーフの自己ベストは1時間45分台だったのが1時間41分台までのびたそうで、とても喜んでいました。

最大の要因は、仕事が落ち着いて以前より走りこめるようになったことです。

なにしろここ数か月は、週末二日間で50kmから70kmも走りこんでいるそうなので。

「設楽選手や大迫選手より走りこんでいるんですね」って話しかけたら笑ってくれました。

(走りこむのが良いとか悪いとか、そんな話ではありません。ネタとして話しただけです。)

個人的には、以前にシューズの履き方を教えたことと足部の不安対策としていくつかトレーニングを紹介したことも、少しは影響があるのではないか?と勝手に思っています。

勝手に思っているだけですが、携わった人が調子よく走っているのは正直とても嬉しいです。

ちなみにこの方、還暦を超えております。しっかり鍛えると60歳過ぎても記録が伸びるんですね。

私のように、週末少し走る程度では全く修行が足りないようです、うーむ・・・。

自分を甘やかさないで時間を作って走らないと。

本日も最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。