2018年7月16日 丹沢表尾根③(塔ノ岳から大倉)

続きです。

過去の関連記事はこちらです↓

2018年7月16日 丹沢表尾根①(ヤビツ峠から三の塔)

7月16日、丹沢表尾根に行きました。 暑くても行ってみよう、という物好きな同行者1名あり。     コースタイムと天気図 ヤビツ峠 8:35 ~ 9:00 護摩屋敷の水…

2018年7月16日 丹沢表尾根②(三の塔から塔ノ岳)

続きです。 ひとつ前の記事はこちらです↓ https://yamaaruki.tokyo/article/post-1288   三の塔から烏尾山 10:35 三の塔 発 しばらく平らな道を進みます。 &nbsp […

塔ノ岳から大倉

13:20 塔ノ岳 発

雲間から鍋割山が見えます。

 

塔ノ岳から堀山の家まではこちらを参照してください。

時期は違いますが、ルートは同じです。

https://yamaaruki.tokyo/article/454573537-html

 

14:25 堀山の家 着

今回はここから大倉尾根を下っていきます。

建物の右に見える道を行きます。

 

 

少し下ったところで見つけました。

タマゴダケというキノコです。

 

 

堀山の家を過ぎるとなだらかな道が続きます。

 

 

真っ赤な怪しいキノコ発見。

作り物なのではないか、と疑うほど真っ赤で怪しいです。

棒でつついてみましたが、しっかり地面から生えていました。

どうやら先に出てきたダマゴダケの笠が開く前のもののようです。

ちなみにタマゴダケは食用だそうですが、食欲をそそりませんね。

スポンサーリンク




駒止茶屋が見えてきました。

 

 

14:45 駒止茶屋 着

営業していません。

 

 

石畳がでてきました。

高校生の頃の記憶では、石畳が出てきたら間もなく大倉到着でした。

しかし勘違いだったようです。ゴールはまだ先です。

 

 

14:55 一本松付近

近くの道標に一本松と書いてあったのですが、どれが一本松なのかはわかりません。

 

 

見晴らし茶屋の前は少し開けて、町が見えます。

 

15:05 見晴らし茶屋 着

ウッドデッキは土足禁止です。

 

15:10 雑事場の平 着

右に行くと大倉高原山の家(現在は閉鎖中だそうです)に向かいますが、遠回りです。

左に下っていきます。

 

ここで合流します。

 

 

観音茶屋の横の道標にヤマユリが覆いかぶさっていました。

神奈川県の花で今が見ごろです。

もっとあっちこっちで咲いているのかと思っていましたが、見かけたのはこの辺だけでした。

スポンサーリンク




15:25 観音茶屋 着

 

 

15:35 石畳が出てきました

今度こそゴールが近いです。

 

 

アスファルトになりました。

 

 

ようやく下山しました。

 

15:55 大倉バス停 着

 

 

先日閉店したどんぐりハウスが一週間前から休憩所としてオープンしました。

17:00まで使えます。

中はクーラーが効いていて快適です。

 

16:10のバスで渋沢に向かい、鶴巻温泉の弘法の里湯に寄りました。

 

感想など

とにかく暑かったです。

ガスがかかっていた時間は、直射日光に当たらなかったので良かったです。景色に関しては残念ですけど。

水とゼリー飲料を合計4リットル持って行きました。ヤビツ峠から塔ノ岳までで2リットル消費し、大倉までの下りとバス待ちの間に1リットル消費しました。

 

ルートは全体的に良く整備されています。さすが丹沢の最メジャールートです。迷子になることはまずないでしょう。

登山道や道路脇の落ち葉もきれいに除去されていて、山ビルに遭遇しませんでした。良かったような残念なような、です。

 

ヤビツ峠から塔ノ岳までは、バラのような棘のある植物が登山道にせり出しています。できれば長袖長ズボンが良いでしょう。

大倉尾根は、塔ノ岳から堀山の家までは階段が多く、急な部分があります。

堀山の家を過ぎるとほとんどなだらかな道になります。

 

長いルートなので日が長い時期に行く方がいいのですが、景色を楽しむのならやはり秋から冬が良いですね。

 

 

本日も最後までお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です