爪の痛みについて

ランニング中の足部や身体のトラブルは、シューズや履き方を見直すことで改善されることがあります。

 

大きすぎるシューズはシューズの中で足が動いてしまい、つま先が当たってしまうことがあります。横からアーチをサポートしてくれる効果も見込めません。

またシューズの中で足が動かないように指先で踏ん張ることで、爪に負担がかかって黒爪になってしまうことがあります。

 

逆に小さすぎれば常時つま先を圧迫され続け、やはり黒爪になってしまうことがあります。

 

関連する過去の記事はこちら↓

https://yamaaruki.tokyo/article/post-998

 

 

 

さて私の場合ですが、サイズや履き方はおそらく問題ないと思っています。

(それなりに勉強して実践していますので)

 

 

それでも爪のトラブルは発生します。

となってきますと根本的には走り方を改善するべきでしょうが、すぐにできるものではありません。

 

そんなわけで応急的にできることをやってみました。

まあ思い付きです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

私の場合

おそらく爪とアッパーが当たって、矢印の方向に剥がされるようなストレスがかかっていると思われます。

こんな感じでシューズもその部分に内側から穴が開きます。↓

https://yamaaruki.tokyo/article/post-2548

 

白い部分も形が変ですよね。

 

 

そんな仮定からまずは爪がめくられないように、爪にテープを貼ってランニングをしたところ、やはり爪への違和感と痛みが発生しました。

 

 

スポンサーリンク



 

一般的には爪は切りすぎないほうが良いといわれます。

しかし今回はぎりぎりまで切りました。

さらにテープをしてからランニングをしたところ、こちらは違和感なく走ることができました。

 

こんな風に貼りました。

 

 

走り終わってテープを剥がしたところです。

右母趾の爪の左側が少し赤くなっていますね。

ストレスがゼロになっているわけではなさそうです。

 

 

もちろん万人に効果的とは言えません。

私の場合は、爪をしっかり切ってテープではがれない方向に固定したら爪へのダメージは減りました。

 

 

あとは走り方ですね。

いろいろ実験してみたいことはありますが、以前左小趾にマメができたときに実行したトレーニングを応用して、足趾へのストレスを軽減できるんじゃないかと考えています。

 

 

マメ対策の記事はこちら↓

https://yamaaruki.tokyo/article/post-966

 

 

 

本日も最後までお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました!

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です