11月3日 北丹沢・袖平山① 概要

東海自然歩道最高地点付近の黄葉。

水滴に映る黄葉を撮りましたが、簡単にはいかないですね。

関連リンクはこちら↓

関連リンクはこちら↓ 6:00 黍殻山登山口駐車場着 到着時は雨が降っている上に真っ暗でした。 もちろん林道も...
関連リンクはこちらです↓ 姫次でちょっと休憩。 あたりは真っ白で何も見えません。 ...

11月3日は、当初の計画では檜洞丸へ行く予定でしたが、天気がいまいちのため中止になりました。

しかしあきらめの悪い(笑)有志三名で国道413号線(道志みち)の青根方面から蛭が岳を目指すことにしました。

そうそう、道志みちのセブンイレブンは早朝の営業を止めているので気をつけましょう。

食料の買い出しは道志みちに入る前に済ませないといけません。

天気図と気象

天気図

気象庁のホームページからいただきました。

前日から雨が降り始めましたが、当日の早朝には止む予報でした。

太平洋に低気圧、そこから台風20号まで寒冷前線と停滞前線が伸びています。

前線が日本列島から少し離れていて、今後も離れていくだろうから天気はわりと早く回復するんじゃないかなぁ、と考えました。

当日の気象

車での移動中は強く降っている時間もありました。

朝7時前まではそこそこ降っていましたが、そのあと雨は弱まりました。

登っているときは雨具を着るほどの雨ではありませんでしたが、弱い雨が降ったりやんだりでした。

12時頃にようやく回復してきまして、少し日が差す時間がありました。

それでも眺望はほとんどなし、雲の中を歩いているような感じでした。

残念!

コースとコースタイム

コース図

ところどころ急な斜面がありますが、コースは全体的になだらかで歩きやすいです。

この時期は落ち葉で登山道が見づらくなっているので少々注意が必要です。

特にマイナールートでは、落ち葉が積もるだけ積もって踏み跡が全くないところもあります。

足元の硬さ、目印のテープをよく確認しながら歩きましょう。

実は帰りは袖平山からバリエーションルートの北尾根で下ろうとしたのですが、落ち葉とガスでルートを見失う恐れがあったので止めました。

慣れないルートは春か夏の天気が良い日に行くことにします。

コースタイム

7:00 黍殻山(きびがらやま)登山口駐車場

7:20 八丁坂ルート入り口

9:30 八丁坂の頭

10:00 姫次 (10:20発)

10:40 袖平山 (昼食後11:26発)

12:10 八丁坂の頭

13:38 八丁坂ルート入り口

13:57 駐車場

ヤマケイオンラインのコースタイムでは

八丁坂ルート入り口から八丁坂の頭 1:50

八丁坂の頭から姫次 0:25

なので、今回はゆっくりペースで歩いていたことがわかります。

天気がイマイチでも、あっちこっちで写真を撮りながら歩いていました。

きれいな紅葉は撮れませんでした。

次回からもう少し細かくルート紹介をします。

本日も最後までお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。