11月3日 袖平山③ 姫次~袖平山~駐車場

関連リンクはこちらです↓

東海自然歩道最高地点付近の黄葉。 水滴に映る黄葉を撮りましたが、簡単にはいかないですね。 関連リンクはこ...
関連リンクはこちら↓ 6:00 黍殻山登山口駐車場着 到着時は雨が降っている上に真っ暗でした。 もちろん林道も...

姫次でちょっと休憩。

あたりは真っ白で何も見えません。

2017年4月の姫次はこんな様子でした。

南には蛭が岳、西には富士山。

今回は何も見えないのを覚悟してきましたが、やはり残念です。

10:20 姫次 発

袖平山へ向かいます。

それほど大きな起伏はなく、歩きやすいです。

10:40 袖平山 着

写真の右奥が山頂になりますが、そちらは眺望がありません。

昼食後山頂に向かいました。

きれいなクモの巣を発見。

こんなときは水滴も絵になります。

11:30 袖平山山頂 着

せっかくなので来た道とは別ルートでの下山を試みましたが、踏み跡すら怪しいルートにこの天候で突っ込むのまずいだろうということで、止めました。

仕方なく来た道を帰ることにしました。

あとでわかったことですが、下山を試みたルートは下ろうとしていた尾根とは別のところでした。

危ない危ない・・・。

分岐手前の木道

滑ります!

12:07 東海自然歩道から分岐

少し明るくなったりガスったり。

ずっとこんな様子です。

落ち葉の道

実はこいつが非常に危ないです。

落ち葉の下に枝や石があると、足を取られてケガをしてしまいます。

転んで転落するかもしれません。

この時期の下りは、特に注意が必要です。

少し明るくなってきたので紅葉の写真を撮りました。

13:38 八丁坂ルート入口 着

彼のザックは20kg近くあります(笑)

実は毎回そんなのを持ってきます。修行ですね。

13:57 黍殻山登山口駐車場 着

ケガもなく無事に下山しました。

駐車車両は増えていません。

この天気ではさすがに出控えますよね、普通は。

終わりに

車がないとアプローチはできないでしょうけど、全体的には比較的なだらかなルートです。

天気が良くないとテンションが上がりません。

今度は晴れた日に蛭が岳まで行きたいものです。

本日も最後までお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。