令和2年 梅干しづくり

今年は小梅だけ、できるだけ大量に漬けました。

年々手抜きっぷりに磨きがかかりますが、それでも食べられるようにできるのでOKです。

 

 

過去の梅干しづくりの様子はこちら↓

https://yamaaruki.tokyo/article/post-1423

https://yamaaruki.tokyo/article/post-2497

https://yamaaruki.tokyo/article/post-2564

https://yamaaruki.tokyo/article/post-2574

 

 

 

5月17日 まず2キロ

作業工程は昨年とほぼ同様です。

軸を取って洗って塩漬けにするだけ。

しかも今年は軸を取る作業を子どもが一緒にやってくれました。

 

 

 

約2キロの小梅に対して塩は358g。

 

 

 

瓶に梅と塩を少しずつ入れて軽く振ります。

それを繰り返して、最後に余った塩を上にドサッとかぶせます。

 

初年度はビニールの中に梅と塩を入れて振って塗しましたが、もうそんな面倒なことはしません。

 

 

5月19日

もうこれだけ梅酢が上がってきています。

 

 

5月26日 追加で3キロ

作業は5月16日と全く一緒。

 

 

約3キロの小梅に対して塩532g。

 

 

 

2キロの瓶より一回り大きいやつですが、ギリギリでした。

 

 

5月29日

順調です。

 

 

5月31日 シソ投入

シソは自分では揉まずに市販のものを使いました。

それぞれに2キロ用と表示されているものを一袋ずつです。

 

 

 

7月16日

やっぱり3キロの瓶は色が薄いです。

相対的にシソの量が足りなかったのでしょう。

 

どちらかと言えば、先に漬けたもののほうが好みな味になりました。

 

どちらも味はちゃんと梅干し(正確には干していないので梅漬けですが)になっています。

 

 

 

 

本日も最後までお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました!

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です