小指のマメ対策③ (テーピング②)

先日の皇居ランニングでの実験報告です。

 

下記の記事の中にある「右脚に乗れていなような感覚」を補正したら左脚の負担が減るのではないか。右脚に乗れていない感覚があるということは、荷重時にアーチがつぶれて左に傾き、推進力が直進方向ではなく左方向に分散されているのではないか?

と考えました。

https://yamaaruki.tokyo/article/post-785

 

そんなわけで今回はアーチがつぶれないように、右足に回外方向のテーピングをしました。

 

シューズとソックスはいつもどおり。

条件を変えないで済むところはできるだけ変えないでトライします。

前々回の記事のとおり12.1kmを1時間半くらいかけてゆっくり走りました。

スポンサーリンク




結果

やはりマメができました。

 

走り出しは良い感触だったのですが、走っている最中に小指に違和感を感じました。

普段は平気な右拇指の爪にも違和感を感じました。

回外方向に誘導すると爪に悪影響があるのでしょうか。

 

また課題が増えました・・・。

 

 

右足にまっすぐに乗れている感触はあったので、これはこれで私には合っているのかもしれません。

 

※追記 マメの投稿をまとめました。

https://yamaaruki.tokyo/article/post-778

https://yamaaruki.tokyo/article/post-785

https://yamaaruki.tokyo/article/post-793

https://yamaaruki.tokyo/article/post-802

https://yamaaruki.tokyo/article/post-835

https://yamaaruki.tokyo/article/post-853

https://yamaaruki.tokyo/article/post-966

 

本日も最後までお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です